なかた村の暮らし

・マタニティライフ・管理栄養士・IgA腎症

【コラム】妊娠妻の驚き行動 3選 ~旦那記録~

f:id:nktfamily:20190116230456p:plain

オレンジ


どうも、旦那です。

当ブログは、主に妻がブログ記事を書き、夫である私がブログの運営といった雑務を担当しております。

 

本日は、妊娠妻を持つ旦那様諸君に捧げる記事を書いていきたいと思います。

 

妊娠妻の生態3選【目次】

 夜中にオレンジを食べたがる

 夜中にオレンジを食べたがります。私の妻は、「はきづわり」と言ったら良いのでしょうか。一日中気持ち悪いと言って、仕事から家に帰って来てもトイレにこもっていることがほとんどでした。日中だけかと思いきや夜な夜な戻していました。

 当然の話ですが、食べたものがすべて出たわけですから、お腹も空きます。そんな妻が言います。

「オレンジが食べたい」

 私は、夜な夜なオレンジをむき、食べさせます。こんなことは続けてられないと、私はこう提案します。

「いつでもオレンジが食べられるように切ったオレンジをタッパに入れておこうか?」

妻は、言いました。

「新鮮なものが食べたいからいい。自分でやる。」

オレンジの新鮮さってなんだよ。アメリカから送られてきてるんだよ?っていう思いは、ぐっと堪え「わかった」と返事しました。

 結論、妊娠妻には、ミカンを用意してあげましょう。新鮮なやつ。

 ま、みかんもむいてあげることになるんだけどね。「自分でやる」と言った気持ちを大切にしてあげましょう。

 

 腰を痛がる

 とにかく、腰を痛がります。もともと姿勢が良い方ではありません。猫背です。仕方がないので毎日マッサージをします。

 いつの間にやら足・手・首もマッサージするように訴えます。

 男性諸君も、工事現場で使うような腰掛の工具袋を四六時中持っていることを想定してあげてください。結構つらいよね。

 が、男性諸君もつらいので、そこの奥様、たまには旦那様の腰もマッサージしてあげてください。

 でも、なんで腹帯ってサスペンダータイプないんだろうね。工具袋は腰に負担がかからないようにサスペンダータイプがあるのに。イメージでいうと抱っこひもを腹帯にかけてあげるイメージ。誰か作ってあげてください。または紹介してください。コメント待ってます(笑)

「夫婦の時間を大切にしよう」が口癖になる

 我々夫婦にとって初めての妊娠です。子供が産まれるまでの夫婦の時間を大切にしたい気持ちは分かります。「夫婦の時間を大切にしよう」という言葉をほぼ毎日言います。

 私もそうです。私にとって夫婦の時間とは、会話の時間です。会話がしたいのです。

 でも、妊娠妻はゴロゴロしたがります。テレビを見たがります。私はテレビを見たくありません。会話をしたいからです。私の目を見てほしいからです。録画すればいつでも見れんだろと思いますが、一緒に見せたがります。テレビに興味がないので会話になりません。

 どうしたらよいでしょうか(笑)

 夜の茶碗洗いも私がすることが日常茶飯事になっています。一緒にやれば会話になりますが、妊娠妻はゴロゴロしたがります。テレビを見たがります。しかし、一緒にしません。「食洗機買おうか」と提案しても「邪魔だし自分でやるからいい」と拒絶されます。やってねえだろ。と思います。が、堪えて言いません。私は夫婦の時間をお金で買えるなら買いたい派です。掃除機もロボットにしたい派です。すべては夫婦の会話時間を作りたいからです。

 どうしたらよいでしょうか(笑)

 

 最近の結論、とにかく家事・食事・睡眠を一緒にやる。「夫婦の時間を大切にしよう」という言葉だけ深く考えないことにする。考えても無駄。たぶん結論はでないから。「夫婦の時間を大切にしたい」というお互いの思いだけを大切にしていきましょう。

 

以上、妊娠妻の生態3選でした。今後も更新していきたいと思います。インスタもやってますのでフォローをお願いします‼