なかた村の暮らし

・マタニティライフ・管理栄養士・IgA腎症

【体験談】里帰り出産〜飛行機移動〜

妊婦さんの中には里帰りする人と里帰りしない人がいると思いますが、私は里帰り出産を選びました!今回は私が里帰り出産を選んだ理由と移動について書いていきたいと思います!

f:id:nktfamily:20190418010454p:image

【目次】

 里帰り出産を選んだ理由

まず最初に、里帰り出産を選んだ理由についてまとめていきますね!

現在私は九州に住んでいるのですが、私の実家は北海道です!ちなみに旦那の実家も同じく北海道です!北と南で離れているので、里帰り出産をするには大移動をしなければなりませんでした。

だいたい産婦人科で6ヶ月頃になるとどこで出産をするか聞かれると思います。(分娩予約をしなければならない産院もあるため)私は、かなり悩みましたね…。もちろん親元で産んだ方が頼れるし、経験者が近くにいると何かあった時安心できるなぁ、などなどメリットはたくさんあると思いました。しかし!デメリットとして旦那は九州で仕事をしているので、里帰りをするとしばらく会えなくなる。そして、出産予定日付近に休みを取るとはいえ、赤ちゃんが休暇中に産まれるとは限らない!また、産後は最低でも1ヶ月健診終わるまで外出は控えたいので子どもの成長を毎日旦那と共有できないという点です。たくさんデメリットが出てきますよね…。

しかし、九州に親戚も知り合いもほとんどいない私にとっては旦那しか頼れる相手がいない為、日中や旦那が出張で居ない時に何かあったらどうしようと不安しかなく、1人で動けなかった時の事を考え里帰り出産をする事にしました。

恐らく、里帰り出産をするかしないか悩んでいるマタニティさんはたくさんいると思いますが、とにかく悩んで旦那さんや家族と話し合い決める事をおすすめします。

 里帰り出産の準備

里帰り出産を決めてから最初にしたことは、里帰り先で通う産院に電話をして、里帰り出産をしたいという旨を伝え確認を取る事です。

その後里帰り先の産院が決まったら、現在通っている産院に紹介状を書いてもらうようにお願いしました。

これは必ず必要な事なので、里帰り出産をする際はやっておくといいですね!

そのほかに、準備するように言われてことは済ませて置く事は当たり前ですね!笑

私は特に紹介状以外準備するものはありませんでした!

 里帰り出産の移動(飛行機)

何度も書いていますが、私の場合南から北への大移動なのでもちろん飛行機移動です!

そして、里帰り先の産院から妊娠34週までに受診して下さいと言われていたため32週後半で移動する事にしました。

妊娠中たくさん飛行機に乗ってた私ですが(マタニティ海外旅行まで行ったりして。笑)何だか今回は緊張しました…。1人での移動だったからかな?かなりお腹も大きくなってたからかな?里帰り日前にお腹の張りがあったからかな?とにかく不安もありました。

チェックイン時に妊娠している事と現在9ヶ月と言う事を飛行機会社の方は伝え、優先搭乗と座席も1番前にしてもらう事が出来ました!荷物の上げ下ろしはもちろん、フライト中も常に体調を気にかけて頂いてとても親切にしてもらえました。ありがたかったです!そんなこんなであっという間に約2時間のフライトを終え、無事里帰りする事が出来ました!

 里帰り先での過ごした方

最後に、里帰り先での過ごし方ですが…。やはり親元に帰ってくると甘えてしまいますね。家事はやってくれるので、だらだらと過ごしてしまっています…。

このままだとダメだと思い、ベビー用の服作りやお散歩(犬を飼っているので犬の散歩)など身体を動かすようにしたいと思っています。