なかた村の暮らし

29歳の「エンジニアの夫」と「管理栄養士の妻」が運営するブログ

MENU

離乳食の卵(卵黄・卵白)の進め方について

離乳食を始めて、お粥、野菜、たんぱく質を含んだ食材(豆腐・魚など)と順調に進めてきたら、次はたまごデビューをしてみようと考えている方もいますよね。

しかし、離乳食を進めていく中で、たまごの食べさせ方がよくわからないという方は多いのではないでしょうか?また、たまごアレルギーという言葉を聞くとさらに不安になって、なかなか食べさせるタイミングが難しいですよね。

キムラタン

離乳食の卵(卵黄・卵白)の進め方について

f:id:nktfamily:20200309221949j:plain

本記事は、離乳食に関するたまごの進め方・注意点をまとめて書いていきたいと思います。

これからたまごデビューをしようと思っている方の参考になると嬉しいです。

まず、進め方についてですが最初から全卵を食べさせるのではなく、卵黄→卵白→全卵(もしくは卵黄→全卵)の順番で進めていきます。

卵アレルギーの原因となるアレルゲン物質(オボアルブミン・オボムコイド)は、卵白に多く含まれているタンパク質なので、卵黄から食べさせるのがポイントになってきます。

 離乳食のたまごっていつから、どのくらい食べさせていいの?

f:id:nktfamily:20200309221959j:plain

食べさせる順番がわかったところで、ではいつの時期からどのくらいの量の卵を食べさせて良いのか?という疑問が出てきますよね!

卵黄と卵白で食べさせても良い時期が異なるのですが、まず卵黄は離乳食初期(生後5〜6ヶ月頃)から食べさせることが出来ます。卵白は、離乳食中期(生後7〜8ヶ月頃)以降に食べさせます。卵黄を食べれるようになってから、1ヶ月後に卵白を食べさせると覚えておくと分かりやすいかもしれないですね!

 

次に、食べさせる量ですが、離乳食で初めて食べさせる食材は小さじ1からスタートすることが多いですよね。

しかし、たまごに関してはアレルギー反応が出やすいため、初日は耳かき1杯程度のごく少量から始めましょう。

  •  卵黄

離乳初期から始めても良い。(豆腐や白身魚などのタンパク質に慣れてから)

ゆで卵を作って卵黄のみ取り出して使用する。この時中心の方の卵白に触れていない部分から食べさせましょう。

耳かき1杯から初めて、少しずつ量を増やしていきましょう。卵黄1個分までなら食べさせても良いです。

毎日食べさせるのではなく、2・3日続けたら1週間あけて食べさせてみましょう。

  • 卵白

離乳食中期以降から食べさせても良い。(卵黄を食べれるようになってから1ヶ月後くらい)

ゆで卵を作って卵白を耳かき1杯程度の極少量与える。(卵黄と同じ流れ)

アレルギー反応が出なければ少しずつ量を増やしていく。(中期で1/3個、後期で1/2個、完了期で2/3個まで食べさせても良い。)

このように進めてみましょう。

 

離乳食で卵を食べさせる時の注意点

f:id:nktfamily:20200309222005j:plain

卵を食べさせる時に、以下の注意しておきたいことがあります。

  1. 必ず午前中に食べさせる。
  2. しっかり加熱する。
  3. 市販のお菓子やベビーフードの原材料の表示を確認する。
  4. 毎日食べさせない。 

アレルギー反応が出た場合は速やかに病院にいきましょう。

離乳食たまごの保存方法

f:id:nktfamily:20200309221944j:plain

離乳食の卵は、しっかり加熱していれば冷凍保存できるのです!ゆで卵の卵黄をラップに包んでおき、使いたい時に使う分を取り出します。

※ゆで卵の卵白は冷凍できません。

また、全卵が食べられるようになったら、薄焼き卵や炒り卵などを1回分ラップに包み、冷凍保存しておけます。

※冷凍することで風味が落ちたりパサついたりすることもあるので、出来ればその都度作ったほうが良いですが、忙しい時は冷凍保存も可能です。(冷凍したたまごはなるべく早めに使用しましょう。)

最後まで読んで頂きありがとうございます。少しでも、参考になりましたでしょうか?たまごアレルギーに気をつけてたまごデビューしてみてくださいね!

www.nktfamily.com